SPsam
pin

特集

2023.06.13

右肩上がりダイアンの良さ!!

iconだし巻きジロウ

sam

 

吉本興業所属の芸人のダイアン。

吉本興業公式サイトより引用

 

(おじさんになってから新しくなったこの宣材写真。過去の宣材写真と比べるともっとも躍動感がある)

最近は東京進出をして、ラジオやロケでメキメキと人気を集めています。

 

ダイアンはNSC大阪22期生で、大阪の同期は、

キングコング、南海キャンディーズ山里さん、NON STYLE、ギャロップ 林たけしさん

などなど。

東京NSCだと5期生が大阪の22期生にあたります。東京5期生だと、

ピース、平成ノブシコブシなどなど

他にも書けてない人だいぶいますが、大阪22期生、東京5期生は人気な芸人が多いイメージ。

キングコングや山ちゃんは当時からもうテレビバンバン出てたし、

他のコンビも私が中学生ぐらいの時に吉本の無限大ホール(ざっくり若手の劇場)

で活躍されてた方々ばかりで、今となっては司会などされてる方ばかり!

他事務所だとオードリーなど..すごい..

ダイアンの話から外れますが、

ドラマ「だが、情熱はある」やっていますね。

オードリー若林さんと南海キャンディーズ山里さんの若手時代から現在までを描く話ですが、

こんなに今売れてる人たちも、こんな下積みをしていたのか..としみじみ。

 

とにかくこの世代は熱い!!

 

このすごい面々がまだ若手の時、約15年以上前ですかね..

この中で特にNON STYLEの女子中高生のワーキャーがすごくてアイドル的な人気でした。

ピースや平成ノブシコブシなどもかなり女子人気がすごかったです。

私もそのワーキャーを構成している一人だったと思います。

 

そんな中ダイアンはというと、大阪でbaseよしもと(大阪にあった劇場で現在は閉館している)の

メンバーとして、活躍されていましたが、ご本人たちも言ってますが、わーきゃーはぼぼなかったと思います。

本当に実力だけできたとしか思えないほど、、

実際2018年に上方漫才大賞(上方演芸界で最も長い歴史のある大会の一番強い賞)をとっています。

ユースケ「漫才が好きやから…ザイマンの子やから、…」

津田「俺らは.漫才の子や」

ユースケ「そう..俺らは漫才の子や..漫才の申し子..」

(ダイアンのTOKYO STYLEより)

 

とゆうことですから、愛され続けられているのは漫才の申し子で、漫才をずっと頑張ってらしてるからですかね。

ダイアンは漫才が面白いのももちろん、ラジオもロケもかなり面白いです、

つまり2人で何かしてるのがいっちばん面白いわけなんですよ!!

 

というわけで、ダイアンの好きだったシーンを話します!

 

 

学生時代の話

 

 

下記でダイアンも言ってますが、東京に来てからの仕事で、有田ジェネレーションのラップバトルは

話題になったと思います。お互いに不満をぶつけ合うという企画でした。

 

ラップバトルでは、学生時代ユースケさんが津田さんの家にしょっちゅう行っていて、

津田さんの家のご飯を一緒に食べることがあったけど、ユースケさんはご馳走様を言っていなかったという。

(ユースケ)出てきた料理がデコレーションケーキぐらい、大きな卵焼きで怖かった…

これを言い合ってました。

 

ダイアンは中学時代からの仲で、学生時代の話をしつこく何度でも話します。

このラップバトルもそうですし、何度話してるない内容ですが、何度聴いても面白いです。

▼定番の学生時代の話。

・津田家庭教師をつけてもらっていたのに、高校に落ちる

・男なのに短大に行くユースケ

・我流ヒップホップガールズが寒い

→中3の時にクラスのヤンチャグループの女子が、

学校のなんかの出し物?発表会の時に

我流でヒップホップを踊っていたこと。

我流でやってる側も恥ずかしがってやってたから、見てられなかったという。

卒業アルバムにもヒップホップの腕が上がっている時の写真が残っているという話。

 

テキストだけで見ると、おいおい言い過ぎじゃないか?どこが面白いんだ?と思う人がいるかもしれません。

これは2人が話す方面白いんです。

何度もいじるから面白いのか、言い方が面白いのか、

いじられている側が、反発したり被せてくるから面白いのか、、

面白いと感じる要素はいくつもあります。

定番の話が来るたびにキタキタみたいな感覚があります。

 

 

 

なっっさけない

 

ダイアンのよなよな(ABCラジオで2014年3月31日から2021年9月23日まで放送)

では、よく関西の芸人について話すことがあり、コーナーになることもありました。

ダイアンが同期芸人をいじる話がどれも面白いです。

 

ギャロップのハヤシタケシ

・林の次にタケシが来ているのが面白いという話。

・禿げてるのにカッコつけて、おとぼけをする話。

・しょっちゅう新しい靴を履いている話

→(人類の)最初の靴見たいな靴を履いていた

ギャロップをこれまで知っていましたが、漫才が面白いコンビぐらいにしか思ってなかったのです。

ダイアンを通して、他の芸人に詳しくなっていきます。

 

NON STYLE 井上

深夜に、マンションでダンスミュージックを大音量にして、

女友達たちと焼肉パーティしていたという、

2019年ごろのニュースをいまだにいじっていること。

それに付随して、当て逃げした時の話。スーマラの武智さんが同乗していたという話も込み。

 

この話が好きすぎてだいぶ前の話ですが、もちろん何度も話す2人。

1 つの事件を思い出すと芋づる式に今までの事件を全て話すダイアン。

その話をして喜んでる姿を見て喜ぶファン..

 

ダイアンがなぜ人気が出たか..

 

 

若手の頃に10代の女の子に人気があったコンビも、今となっては解散してるとか..

あまりテレビは出てないなとかそうゆうこともありますよね。

そんな中、ダイアンは実力だけできてますから、

「人気が出た」とか失礼な話ですが、東京にも進出して、レギュラーも持って、

レギュラー番組のオープニング曲はアーティストとコラボして曲作ってもらってるし、

WBC で現地で見てた津田さんがテレビに映ったら話題になるし。

人気者なんです!

この人気は、面白いからは前提で、

ダイアンの2人の学生ノリがまだ続いていて、

おじさんなのにまだ大きい声出したり、相方に災難があると喜んだり..学生みたいなことしているのが、

なぜか応援したくなるのかもしれないです。

またおじさんなんだけど、ユースケとかは恐竜の赤ちゃんと言われている通り、

なんかおじさんになって丸みがあるからこその可愛さがあるのかもしれないです。

 

 

余談…

 

 

ダイアンは2000年に結成して、baseの劇場の仕事しかない時代、解散しそうになった時もあったけど、

まだ続いていて、東京でも一旗上げようとしているのがファンとして嬉しい!

そんななかコマンダンテが先日解散を発表して本当に悲しくて、まだ引きずっています…

https://youtu.be/gAXs5q2rNEk

解散は本人たちのことなので、ファンは何もいえないことですが、

側から見て、仲が特段悪いように見えないし、仕事もあるし..と解散するなんて思ってもなかったので、

悲しいですね..できるなら本当にいつか再結成してほしい..

今年は特に解散が多くて、ヒヤヒヤします…

ちなみに天竺鼠瀬下さんは複数事件を起こしてしまったわけですが、

川原さんは解散しないというボケをしている。とおっしゃってました。

ボケでも解散しないのはファンとしては嬉しいことですね..

 

ダイアンもそうですが、みんな師匠になるまでずっと芸人でいてほしいと思います..

 

この記事を書いた人

カステラのザラメだけ食べる

だし巻きジロウ

この人が書いた記事

Loading