SPsam
pin

特集

2023.03.20

台湾湯圓(タンユエン)の話/話說湯圓【Seiの日記】

iconSei

sam

こんにちは。Seiです。この記事は中日二言語で作成しました。

 

大家好,我是Sei,這篇文章會有中日雙語言喔!

 

 

 

【湯圓是什麼?/タンユエンはどんな食べ物?】

 

台湾のタンユエンは甘いデザートですが、塩味のタンユエン(シエンタンユエン(鹹湯圓))を好む人もいます。

タンユエンは二種類あります。

餡が入っていない小さいタンユエンと餡が入っているタンユエンです。

「元宵節(げんしょうせつ)」に食べるのを「元宵(げんしょう)」と言いますが、小さいタンユエンと違うものです。

※ 小さいタンユエンは「紅白小湯圓(Hóngbái xiǎo tāngyuán)」と言います。

 

在台灣,一般而言湯圓是甜點,但也有些人喜歡吃鹹湯圓。

我的印象裡,湯圓有兩種,一種是沒有包餡的紅白小湯圓,另一種則是有包餡的大湯圓。

大致上元宵節會吃的是「元宵」,跟紅白小湯圓不太一樣。

 

 

 

小さいタンユエンです / 紅白小湯圓(Hóngbái xiǎo tāngyuán)

圖片來源:公式サイト 桂冠官網

 

 

 

ユェンシャオをころがします。 / 「搖元宵」

圖片來源:ETtodayニュース ETtoday新聞雲

 

 

「ユェンシャオ」の作り方は餡を粉の上で転がして、雪だるまのように作られます。

「小さいタンユエン」はピンク色も白色もあって、餡はなく、もち米粉と水を混ぜて丸めます。

ピンク色の方は「喜びの象徴」、白色の方は「邪気を避ける」という意味があります。

両方を食べると、「富貴両全」の意味が込められます。

(富、権力、名声を得ると言われているので、偶数で食べますよ!)

冬至の時、よく「小さいタンユエン」を先祖にお供えします。

あと、結婚式披露宴の時に「揚げタンユエン」が前菜としてでされます。

外はカリッと、中はじゅわっとで美味しいです。

最後は餡がある「タンユエン」です。餡は黒ゴマ、ピーナッツまたはあんこです。

「シエンタンユエン(鹹湯圓)」の餡は豚肉です。

 

「元宵」是「搖」出來的,而紅白小湯圓則是「搓」出來的,

紅白小湯圓通常是粉紅色跟白色,冬至的時候會用來祭祖。

粉紅色的湯圓代表「喜氣」,而白色的湯圓則代表「避邪」。

兩種都吃的話就象徵著「富貴雙全」的意義喔!(記得要吃雙數喔!)

除此之外,婚宴時「炸湯圓」常被來當作前菜,外酥內軟非常好吃。

至於包餡的大湯圓,口味通常有芝麻、花生、紅豆…等等,而鹹湯圓的內餡則是絞肉。

 

 

 

揚げタンユエン / 「炸湯圓」

圖片來源:インターネット 網路圖片

 

 

 

【為什麼要吃湯圓?/どうしてタンユエンを食べるの?】

 

毎年、12月の冬至や旧正月の元宵の時にタンユエンを食べることがあります。

その時は家族の団欒や感情交流の重要な象徴でもあります。

昔の人はタンユエンを作りながら、喋ったりして家庭の温かさを楽しみました。

今は皆が忙しくてほぼスーパーでタンユエンを買います。

 

在台灣每年在冬至以及農曆年的元宵節,是必吃湯圓的時期喔!

因為那是用來象微家庭和樂與交流感情的重要時刻。

以前的人會邊作湯圓邊聊天,享受天倫之樂,但是現代人通常都很忙碌,幾乎都是在超市買湯圓了。

 

 

 

黒ゴマタンユエン / 「芝麻湯圓」

 

 

 

ピーナッツタンユエン / 「花生湯圓」

 

 

 

【湯圓怎麼吃?/タンユエンの料理方法は?】

 

タンユエンの料理方法は家庭によって、ちょっと違います。

タンユエンに甘い糖水を入れるのが好きな人もいるし、おしるこにタンユエンを入れて食べるのが好きな人もいます。

わたしの好きな食べ方は、黒糖と生姜を水に入れて煮たスープとタンユエンを一緒に食べるのが好きです。。

タンユエンはカロリーが高いですが、冬に食べると体が温まりますよ!

 

其實每個家庭的口味也不太一樣,有些人喜歡在湯圓裡加入甜糖水,而有些人則喜歡將湯圓和紅豆湯一起食用。

我喜歡吃的口味就是黑糖水加上薑片熬煮之後,再加入煮好的湯圓。

在冬天的時候吃一碗湯圓,除了熱量爆錶之外,也是很溫暖的喔!

 

 

 

タンユエンを煮ています / 「煮湯圓囉!」

 

 

 

おしるこにタンユエンを入れる / 紅豆湯圓

 

 

 

いただきます! / 「開動!」

 

 

日本では中華スーパーでタンユエンを買うことができるので、

自分が好きな料理方法で料理して食べてみませんか?

 

在日本可以去中華超市買湯圓,然後用自己喜歡的料理方式煮一碗湯圓來嚐嚐吧!

この記事を書いた人

Sei

この人が書いた記事

Loading