SPsam
pin

特集

2023.03.08

アイドルマスターシンデレラガールズ曲のススメ☆Cu/Co/Paソロ編

icon吉野

sam

 

前回の記事はこちらですよ!プロデューサー!

 

 

さて、前回に引き続きアイドルマスターシンデレラガールズ(以下デレマス)の曲を語らせていただきたいと思います。

そのまえにおさらいです。

アイドルマスターシンデレラガールズとは

プレイヤー自身がアイドルの「プロデューサー」となり、営業活動やライブを行いながら、担当アイドルをトップスターへ輝かせるために頑張っていくというゲーム。
プロデューサーとして就任する事務所は「346プロダクション」。読み方はミシロです。

そして前回記事でもちらっとお話させていただきましたが、デレマスに登場するアイドルの皆さんにはそれぞれ【属性】がついています。

 

その属性というのが【キュート】【クール】【パッション】の3種類となっています。ポケモンでいうタイプみたいなものですね。

 

振り分け自体は言葉の通り、アイドル各々のビジュアルや雰囲気、趣味などで分けられている印象です。

中にはえっ本当にキミはそのビジュアルでその属性なの?というアイドルもいますが(この人この人

個人の性格や振る舞いを見ていると納得できちゃうのもまたデレマス属性の魅力だと思います!

 

 

今回はアイドルのソロ曲オススメを属性別2曲ずつ紹介させていただきます!

本当に本当はソロ曲全部語りたいのですが、苦渋の決断で2曲ずつとさせていただきます……!(血涙)

 

では参りましょう!!!まずはキュート属性から!!

 

 

 

 


【キュート(Cu)アイドル ソロ曲】

 

楽園

歌:関裕美

日本コロムビア公式サイトより引用

 

うっ……………………;;;;;;;;;

あまりの神曲ぶりに冒頭から涙が止まりません。

 

気を取り直し、1曲目のオススメは関裕美ちゃんが歌唱する「楽園」です。

この曲は終始明るいメロディと、明るい未来を目指し進んでいく、希望の詰まった歌詞が印象的ですね。

歌唱を担当している関ちゃんは、目つきが悪いのがコンプレックスで少し後ろ向きな性格の女の子です。プロデューサーにスカウトされたときも警戒心が強く、打ち解けるまでに時間がかかりそう…という印象をもったPも多いのではないのでしょうか。

 

この「楽園」という曲はそんな関ちゃんとプロデューサーの出会い、【アイドル】になった関ちゃんが目指すべき道への不安や戸惑い……、そして困難なことがあろうとも、プロデューサーと一緒に未来へ進んでいく、という決意表明のような曲ではないかと受け取っています。

 

ラスサビでは「あの日抱いた はるかな夢 いつかきっと 叶えるから」「私のそばで 見守ってください」というフレーズが。

あの時の不安そうな表情の関ちゃんはもうそこにいません。最高の笑顔の彼女が照れくさそうにお辞儀をしてこちらを見つめているのです。

 

むり…………………すき……………

 

一つだけ難点をあげるとしたら聴くたびに涙が出てしまうところでしょうか。周りに誰もいない時に聴くことをオススメいたします。

 

 

 

 

 

秘密のトワレ

歌:一ノ瀬志希

日本コロムビア公式サイトより引用

 

前回の記事に引き続き、3回目の登場。一ノ瀬志希ちゃんの歌唱する「秘密のトワレ」です。

 

一ノ瀬志希ちゃんについて詳しくご紹介させていただくと、趣味は失踪特技はどこでも寝れることギフテッドの超科学者(興味があることにしか反応できない)JK……というこれでもか、と盛られた346プロダクションでも有数の個性的アイドルなのです。

 

そんな志希ちゃんですが、匂いフェチという側面があり、自らにつけている香水も自作している筋金入りなのです。

そしてソロ曲は「秘密のトワレ」。トワレというのは「オードトワレ(香水)」のことですね。

 

この曲のメロディは徹頭徹尾妖しく、そしてどこか子供らしさを感じるなんともいえないアンバランスな構成になっている印象です。

志希ちゃんの興味が向いたらとことん、離れるときは一瞬……という刹那的な魅力をメロディで表現されている気がします。そして聞いているだけで何故か良い匂いがする……

 

歌詞も志希ちゃんの個性が爆発しています。歌詞書いたの志希ちゃんだよね?

「lala lovepotion 脳下垂体へ届け」「瞳孔が開くその瞬間を見せて」←興味の向く方向がそこのなのかよ!

 

少し物騒な歌詞が続いたと思えば「キミはアタシに夢中になる」や「ずるいって言われてもいいの キミが好きよ」と少し意地らしい歌詞が出てきたり……ほ、翻弄されてる……

 

魅力たっぷりの「秘密のトワレ」。ぜひ聴いて脳を溶かしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


【クール(Co)アイドル ソロ曲】

 

#HE4DSHOT

歌:砂塚あきら

日本コロムビア公式サイトより引用

 

新世代の風、…なんだろう吹いてきてる確実に、着実に、俺たちのほうに。と感じる一曲を歌唱しているのは砂塚あきらちゃんです。

 

SNSとゲームが大好きで、好きが講じてストリーマーとしても活動しているあきらちゃん(FPSゲームをやっているそうな)。どうもイメージ的にはZ世代といわれている層の雰囲気を感じますね。

喋り言葉にも「#(ハッシュタグ)」を用いており、ナウでヤングな(古っ)若者の象徴ってことなのか?と思ってます。

 

そしてこの「#HE4DSHOT」、この曲自体もメロディと振り付けに昨今の流行が混ぜ込まれています。あまり詳しくはないのですが、K-POPのようなダンスミュージックが主となっている印象です、めちゃめちゃかっこいい……。

耳に残るメロディと、ヒップホップのような歌詞、ついつい口ずさみたくなってしまいます。

 

ところでタイトルの「#HE4DSHOT」、本来であれば「4」の部分には「A」が来るのだと思いますが、調べてみたところFPSをプレイするユーザーはこのAを4に書き換えることが多いみたいですね。あきらちゃんに対する解像度が高すぎる…!

 

歌詞にも「撃ち抜け #HE4DSHOT」や「弾丸は自分の感性 そうさよく狙って」など、FPSとあきらちゃんの個性を融合させたワードが多いです、かっこいいですね……。

 

なんといってもMVです。

アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージで見ることができるMVでは大胆ながらも繊細な動きの多いダンスをキレッキレに踊るあきらちゃんが見れますので、今すぐインストールして見ましょう。あまりのかっこよさにひっくり返ります。

 

 

 

Last Kiss

歌:三船美優

日本コロムビア公式サイトより引用

 

美優さ~~~~~~~~~~~ん!!!!!!!!!!!

 

クール属性2曲目は三船美優さんの歌唱する「Last Kiss」です。

しっとりとした切ないメロディラインと別れを想起させるような寂しげな歌詞を、どこか物憂げな雰囲気を纏う美優さんが歌います。

 

この曲の印象ですが、全体的にとにかく大人の恋愛……!と感じています。

「叶わない恋のあとさき 気づいてしまったふたり」や「決めたはずのさよなら またできなくなる」など……。ストーリーが自分の中で組み立てられていくのがとてもおもしろい曲だな、と思います。

なんとなく情景的に雨降ってそうじゃないですか?雨降る中、時計の下で傘をさす女性が見えてくるような気がします。

 

そしてもちろんというべきか、ソロ曲ですので「あぁ、ここ美優さんっぽいな……」と思えるポイントもしっかり配置されています。

真面目ですが自分に自信が持てず、人付き合いが苦手…という美優さん。

「どうせなんて言う私を」「不器用な私に 笑顔をくれた人」など、前述した時計の下で傘をさす女性が美優さんだということに気づいてしまいますよね……。なんか表現が気持ち悪いですが、本当にそう思えるんですよ。

 

そんなストーリー性もある「Last Kiss」。情景を思い浮かびながら浸って聴くのがオススメです。

 

 

 

 

 

 

 


【パッション(Pa)アイドル ソロ曲】

 

Radio Happy

歌:大槻唯

日本コロムビア公式サイトより引用

 

太陽神大槻唯こと、Paアイドル大槻唯ちゃんのソロ曲Radio Happyですね。

 

とにかく元気が出る!この曲に含まれるビタミンCは1日分相当のものを含んでいます(諸説あります)

出勤や通学、気分が上がらない場面でRadio Happyを流してみましょう。するとほら…

「ハイハイハロー 調子はどう?」

唯ちゃんが問いかけてきてますね、幻聴ではありません。

ノリノリなアップテンポで爽やかなメロディに、唯ちゃんの弾けるようなビタミンボイスが調和し、この一曲流せば元気玉がありえないくらいデカくなるほどのエネルギーを感じられます。

 

唯ちゃん自身はキャンディが大好きな女子高生。ノリが軽く、いわゆるギャルな女の子ですが、友達思いで向上心の高いマジで太陽の化身みたいなアイドルです。

 

そんな唯ちゃんが歌い上げるRadio Happy。歌詞には「いつもそばにいるよ」「君にもできるよ」「聴かせてシンガロング・ナウ」など、こちらの手を引っ張って連れ出してくれる温かいメッセージが伝わってきます。

 

余談ですが、この曲の歌詞には縦読みが含まれているそうで

「ユア・リスニング・レディオ・ハッピー」

「いつもそばにいるよ」

「ゆい」と見えるそうな。すげーな、頭がおかしくなるっつ―の

 

 

 

 

 

lilac time

歌:相葉夕美

日本コロムビア公式サイトより引用

 

最後はPaアイドル相葉夕美ちゃんが歌唱する「lilac time」です。

 

すごくないですか?もうジャケットからお花のいい匂いがしてきます。

夕美ちゃんですが、ガーデニングが趣味で、送った花に花言葉の意味を込めるのがお好きなフラワーアイドルです。妖精さんみたいですね、最高に可愛い。

 

曲も本人のイメージにぴったりな、明るくて優しげ、だけどどこかポップな雰囲気を感じるメロディです。

 

この曲の大好きなところは歌詞です!忙しなくすぎる毎日を自分らしく、たまには息抜きして過ごそうというメッセージが伝わってきて、疲労が溜まっている体にじんわりと響きます。温泉と同等の効果がありますね。

 

「予定のないHoliday スマホも電源offに」や「ザワザワしてる トゲトゲしてた心をゆるめて」など、あーそれそれいまそうなっててそうしたいんだよな!という気持ちに寄り添ってくれます。

そしてそこから「ミントティーにビスケット」「どんな時も 私らしく smiling過ごしたいな」と続くのです。夕美ちゃんのリラックス方法が垣間見えてほほえましくなります。

 

サビのラストでは「私が私でいるための lilac time」

…。

……。

私も私のlilac timeを求めて旅に出たい……。

 

 

 

 

 


 

 

 

さて、いかがでしたでしょうか。

正直私にオススメされるまでもなくプロデューサーの皆様に愛されている曲達とは思いますが、

今一度サブスクに入ったこの名曲たちを振り返ってはいかがでしょうか。

 

 

まだ聴いたことのないのプロデューサー、非プロデューサーは有無を言わず聴いてください

そして感想を、オススメ以外の曲で気に入ったものをぜひ教えてください、その感想が人を助ける場合もありますので……

 

アイドルマスターシンデレラガールズ、最高!

 

 

 

 

この記事を書いた人

相棒に弱い

吉野

この人が書いた記事

Loading