SPsam
pin

やってみた

2023.01.13

【雑談】なんでもいいからミッドナイトってつけると、突然物語が生まれる。

iconのあや

sam

 

ある日のオタク発電所内……。

 

ミッドナイトってつけると、
突然なんでもおしゃれになるというか、物語が生まれるような気がしません??
【ミッドナイト・シティ・パーク】
深夜の繁華街、小さな公園。
暗い街灯の下に、くたびれた中年の男たちが集まる。
ここは、夜勤タクシー運転手の憩いの場。

高飛車な女、クズの仮面を被った男、不倫の男女、大物芸能人…。
タバコに火をつけてから吸い終えるまで。
そのわずか数分で語られる、一癖も二癖もある乗客たちの話。

いかにヘンテコな乗客と出会ったか。
それだけが自慢の運転手たち。
彼らの日常が、今日もまた終わろうとしている。

ごめん、そうでもないかもしれん。

資格の名前の前にミッドナイトをつけるとかっこいい肩書きになる
ミッドナイト建築士
→ ゴッサムシティで悪党に拠点作ってそう
ミッドナイト運転免許
→ 普通に必要かもしれない
ミッドナイトウェブデザイン検定1級
→ あったら取りたい
ミッドナイト水先人
→ 密輸のプロっぽい
ミッドナイト薬剤師
→ なんでも処方してくれそう
ミッドナイト薬剤師
これは善人の顔を被った密売人…
「ジェネリックでいい??」

建物名とミッドナイトを合わせれば何か事件が発生しそうです。
ミッドナイト・ホテル
→ホテルの一室で殺人事件
ミッドナイト・タワー
→地震が発生して崩壊の危機
ミッドナイト・ドーム
→某有名アーティストのライブの裏である事件が発生
ミッドナイト・スクール
→真夜中の学校に忍び込んだら心霊現象が・・
ミッドナイト・プール
→プールの底に何かいる・・
ミッドナイト・ビル
→爆弾が仕掛けられている・・!
B級映画感がすごい
【ミッドナイト・ホーム】
あなたには帰る場所がありますか?

渋谷の街のギャル。終電を逃したサラリーマン。公園住まいの男。
この人たちは夜になっても家には帰らないだろう。行き着く場所といえばクラブ、ネカフェ、公園だ。
しかし、この人たちにとってのホームというのは家ではなくこれらのような場所なのかもしれない。

ホームと呼べる場所、辺りが暗くなり帰りたくなる場所というのは人それぞれというお話。
ミッドナイト・ホーム
あなたには帰る場所がありますか?

最近予告編を見た映画「そして僕は途方に暮れる」を思い出しました。
家も家族も友人恋人も全部捨てて逃げるって話です。真逆ですね。
参考:映画「そして僕は途方に暮れる」
ミッドナイトハッカー
→深夜、どのパソコンでも入れます。ATMとかも…
ATMに入り、オタク発電のHPを置いて、全国の ATMを放送しておきます。(犯罪だ!)

大変物騒な話なのに、最後の(犯罪だ!)で脱力させてくるあたり、策士だな。
内容は伊坂幸太郎っぽい。
もっとこう、オシャレなやつがいい!!

ミッドナイト忍者
→あさに弱い忍者。夜だけ活動する伝説の忍者
は?????
「おしゃれ」の意味が分からないのかな??
こんな記事 書いとるからだ!
ミッドナイト・秋葉原
漫画・アニメの聖地秋葉原。
草木も眠る丑三つ時、この街は表情を一変させる。
道端で客引きをするメイドの目は真っ赤に染まり、オタクのチェックシャツも真っ赤に染まる。
ついでに電気街も真っ赤に染まり、魑魅魍魎が跋扈するアキバ妖怪の街へと変貌を遂げる。
ミッドナイトダンサー
→お酒を飲んだりしてくるくるでダンスします。(くるくる酔い?)
血に染まる秋葉原の後にこれ。くるくる酔い???可愛い。
ミッドナイトシスター
→シスターみたいな服装を着た人々が深夜に集まり、
集会を開いている。すっごい深夜だからマジのシスターなのかは謎。
宗教的な怖さがあります。
この流れだとミッドナイトダンサーがホラーになってしまう!!!

🥺

 

おしゃれって、なんだろうね…。

毎日あせみずはなみずたらして働いている私たちには、到底理解できないのでしょう。

 

ですがしかしそんでもって、私たちはひたすら泥臭く生きていくのです。

 

だってそれが、あるべきオタク発電所員の姿なのだから…

 

この記事を書いた人

人力タービン、疲労骨折。

のあや

この人が書いた記事

Loading